saeiloロゴ
Creative Communication Network

小型軽量タイプ9066i SING Carry-Onのご紹介

小型軽量タイプ9066i SING Carry-Onのご紹介

9066 i SNG Garr-On FLYAWAY


小型軽量タイプ9066i SING Carry-Onのご紹介75cmφアンテナ、十分な性能を持ちながら、軽量21kg、キャリー・オン・ケースワンセット収納(航空機内持ち込み可能)、小型・軽量・機動性に富んだ、【災害・緊急報道】に最適な、衛星自動捕捉アンテナシステムです。

System Layout [9066 i SNG Carry-On]

小型軽量タイプ9066i SING Carry-On衛星自動捕捉システム図

【9066 i SNG Carry-On FLYAWAY】衛星自動捕捉アンテナの基本システムは、5分割75cmφ衛星アンテナと、本体、コントローラー・電源部、その他備品です。アンテナ部は専用キャリーオン・ケースに収納されます。
送信用機器[SSPA・Enccder/Modulator]は、システムには含まれませんので、送信条件に合わせカスタマイズいたします。また、屋外にはアンテナ機器、屋内には送信機器と、状況に合わせて設置可能です。

AVL衛星自動捕捉アンテナ一式システム構成例

web問い合わせ

特長

PC不要、ボタン一つで衛星捕捉

コンピュータは精密品、使用中に落としたり、ぶつけたりして壊れることがあります。水やほこりも大敵。取り出して起動までの時間も馬鹿になりません。また、OSにもコンピュータウィルスや不具合等々、さまざまな危険が潜んでいます。

AVL Technologies 【Model9066iSNG】の操作は専用のコントローラで行います。
小型軽量で耐候性に秀でており、ケーブルをつないだだけで、即、目的衛星を捕捉可能。また、操作は実に簡単。すべてボタン操作、まるでゲーム感覚で衛星自動捕捉アンテナを操れます。

AVL自動捕捉アンテナコントローラー
専用コントローラー
小型の専用コントローラーのみで操作できます。

AVL自動捕捉アンテナコント駆動
手動操作可能
電源断等で自動捕捉が出来ない場合、
手動でも方向調整及び、格納が可能です。

ワイヤー駆動で、水・ゴミに強い

ギア駆動は、ゴミやほこりがかみ合わせを狂わせ駆動障害を起こします。また、ギアのバックラッシュにより、モーターの動きとギャップが生まれ、精密な駆動を損ないます。


AVL Technologies 【Model9066iSNG】の心臓部であるRoto-Lokは、高剛性の航空機制御ステンレスワイヤーを、駆動ドラムと駆動キャプスタンに複数本、高密度で巻き、モーターからの動きを効率よくアンテナへ伝えます。その為、駆動部に隙間が生まれず、ゴミやほこりが入ることがありません。
また、高剛性の航空機制御ステンレスワイヤーは摩耗せず、また、駆動ドラムとキャプスタンにより、巻きとりながら駆動させますので、バックラッシュがほとんど無い、とてもスムーズな駆動をします。これにより、考えられないような精緻な目的衛星捕捉が行え、完全自動ながらXPD30dBを確保します。また、潤滑剤の必要性が無くメンテナンスが非常に簡単になっております。事実、米軍ミル規格に準じており、戦場での過酷な通信に使われております。

AVL自動捕捉アンテナワイヤー駆動

AVL自動捕捉アンテナ仰角駆動
仰角駆動部

AVL自動捕捉アンテナ方位角駆動
方位角駆動部

キャリーオン・ケースにすっぽりと

運送時のトラブルは多くあります。荷物が届いてなかったり、誤って別便で運ばれてしまったり、冗談じゃなく全然別の国に届いていたという話もよく聞きます。ですから、出来るだけ大切な機材は機内持ち込みにしたいのが、現実的な考えです。

AVL Technologies 【Model9066iSNG】は、機内持ち込み可能サイズのCarry-On(キャ
リーオン)ケースに、アンテナが収納可能です。また、重量も最軽21kgと驚きの軽さです。

AVL9066i飛行機持込

AVL9066i収納
収納様子

AVL9066i収納サイズ
寸法比較

web問い合わせ

組み立て


機内持ち込み可能な、
Carry-On[キャリーオン・ケース]にアンテナ機器収納
AVL9066i収納


アンテナ・LNB・
アーム一式。鏡面組み立て前に、専用ハンドルにて立ち上げる。
AVL9066i機器


5分割鏡面を取り付け。フックでワンタッチ固定

AVL9066i組み立て


LNB・アーム部を取り付け


AVL9066i組み立て

AVL9066i自動捕捉アンテナ

仕様

Mechanical

Reflector 90cm x 66 cm Elliptical
Optics
Offset, Prime Focus
Reflector Construction
Segmented Carbon Fiber
Az/El/Pol Drive System
Patented Roto-LokR 3-Axis Positioner
Mount Geometry
Elevation over Azimuth
Polarization Alignment
Rotation of reflector/feed aligns major axis with orbital arc
Case Options
Carry-on Suitcase, Rugged Shipping, or Backpack
Controller
One-button Auto-Acquisition
Travel:
Azimuth
180°
Elevation
True elevation readout from calibrated inclinometer
Mechanical
15° to 75° of Reflector Boresight
Polarization
Motorized ±75° with manual H/V selection
Speed: Stewing/Deploying
10°/second in azimuth, 5°/sec. elevation, 5°/sec polarization
Peaking
0.2°/second
Motors
24V DC variable speed with optical encoders
RF Interface
RX
L-band with Type -N at rear of antenna
TX
Ku with Type-N at feed flange
Weight
40-50 lbs. (18-23 kg) depending on case option selected
Stowed Size
Carry-on suitcase/cabin baggage
Manual Operation
Handcranks on all axii

Environmental

Wind
Operational 20 mph (32 kph)
Survival with Anchoring Weights 30 gusting to 45 mph (48 to 72 kph
Pointing Loss in Wind
10 mph (16 kmph) 0.1 dB, 0.1° Typical
20 mph (32 kmph) 0.2 dB, 0.2° Typical
Temperature
Operational +15° to 125°F (-10° to 52°C)
Survival -40° to 140°F (-40° to 60°C)
Sand and Dust Method 510.4 per MIL-STD-810F
Humidity Method 507.4 per MIL-STD-810F
Shock and Drop in Shipping Case Method 514.5 per MIL-STD-810F
Solar Radiation Method 505.4 per MIL-STD-810F

Electrical RF

Receive Transmit
Frequency 10.95-12.75 GHz 13.75 -14.5 GHz
Gain (Midband) 37.8 dBi 39.3 dBi
VSWR 1.30:1 1.30:1
Beamwidth on Orbital Arc (degrees)
-3 dB 1.8 1.6
-10dB 3.3 2.8
First Sidelobe Level (Typical) -18dB -21 dB
TX Radiation Pattern Compliance >1.55 FCC §25.209, ITU-R S.528.5
Antenna Noise Temperature 50° K at 30° Elevation
Polarization Linear Orthogonal
Cross-Pol Isolation STD. FEED OPT. FEED
On-Axis 30 dB 35 dB 35 dB
Off-Axis (within 0.3°) 28 dB 28 dB 32 dB
Satellite System Compliance FCC, PanAmSat, Intelsat, Eutelsat
Satellite Approval PanAmSat USA-8189
BUC/HPA Capacity > 25W in separate case via power coax to feed
Allowable Power -14dBw/4kHz per FCC, -0dBw/4kHz per ITU
Feed Port Isolation - TX to RX 70 dB

Controller

Type One-button deploy with fully-automatic satellite acquisition,
peaking, and cross-pol adjustment using GPS, compass, and
level sensors inputs, certified for auto-commissioning on
certain satellite systems; one-button stow
Operator Interface GUI Interface Program via CFE computer for manual/jog
Operation or reprogramming user/data satellite
Auto Positioning Accuracy #±0.1 degree
Input Power Requirements 24VDC, 2 amps peak, optional 90-256V AC power supply
Optional Power Supply with handheld operator interface
Standard Two Cases 6 x 6 x 3.5 in (15 x 15 x 9 cm)
Rack Mounted 1 RU Chassis 8 in (20 cm) deep, Wt.3.75 lbs (1.7kg)
Input Power Requirements 90-256V AC, 5 amps peak

web問い合わせ

連絡先

このサイトに関するご質問・お問い合わせはこちらまで。

株式会社セイロテレコミュニケーションズ
TEL043-259-6921
FAX043-259-1527

Mail:LinkIconmailでのお問い合わせ